« 梨木香歩 「渡りの足跡」(新潮文庫) を読む | トップページ | 重松清「せんせい。」 を読んで »

2014年6月17日 (火)

ジョン・クラカワー「荒野へ」を読んで

最近TVドラマの台詞で、小泉今日子さんが「若者よ。荒野をめざせ!」というのを聞いて、この本を思い出しました。

 

この本は22年前の米国で、大学を卒業したてのある若者がアラスカの荒野にヒッチハイクで入り、その後遺体で発見された事件のドキュメンタリーであるが、一般の人には決して読み易い本ではないと思う。著者はこの若者を共感を持って理解しようとしているが、読者には共感できない人もいるでしょうね。

 

実際、学業優秀で金銭感覚に優れ、社交的で女の子にもて、一方、矛盾するようだが、女性に対して純潔で、孤独を好み、頑固で人に指図されることを好まず、自分で決めたことは迷わず実行に移した青年は、アラスカで死亡した後、多くのアメリカ人の反発を招いたらしい。

 

しかしこの本を読むと、青年は決して何の準備もなく極地の荒野に分け入った訳ではなく、旅で出来た友人のもとへ帰ってくるつもりで冒険に出発したことが分かる。また彼の冒険は彼自身の欲求から出たもので、しばしば大人の冒険家が陥る見栄や打算とは無関係だったようだ。

 

著者のクラカワーも20代の初めにアラスカの高山の未踏峰ルートに挑み、あわや遭難しかけている。二人とも高圧的な父親へ反発していた。ところが、これも矛盾するようだが、二人とも幼い頃に父親に連れられ大自然に触れ、それが後の冒険行に繋がっているようなのだ。

 

ともかく、主人公の青年は高校卒業時に、バイトで貯めたお金で中古のダットサンを購入して、その愛車で旅に出たのが最初の放浪で、大学卒業直後には就職も進学もせず、愛車のダットサンで最後の2年間の旅に出た。途中、様々な階層の人々に出会い、多くの人に愛された。

 

なぜ最後の旅がアラスカだったのか、明確ではないが、極地の厳しい自然環境に惹かれたのかもしれない。その割にはアラスカ独特の自然環境について無頓着だった。幾つかの不運により彼は命を落とすが、しかし無事帰還できた可能性も十分あったのだ。

 

彼の内なるどんな星々が彼を荒野へ導いたのか、明示はされないが、何か分かる様な気もする。

 

こんな青年とは友人になりたくない気がするが、会ってみたら結構気が合うかもしれない。愛車がダットサンで、愛用のカメラはミノルタだったのだし・・・

« 梨木香歩 「渡りの足跡」(新潮文庫) を読む | トップページ | 重松清「せんせい。」 を読んで »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジョン・クラカワー「荒野へ」を読んで:

« 梨木香歩 「渡りの足跡」(新潮文庫) を読む | トップページ | 重松清「せんせい。」 を読んで »